東京都国分寺市の軟式野球(草野球)系チーム = マドワーズ = MADOWARS BASEBALL CLUB

12月4日(日) けやき 練習試合

13:15~15:00 1 2 3 4 5 6
マドワーズ 6 0 0 0 0 0 6
エースハンターズ 2 0 1 5 0 X 8


(投手) 福池(4)→加藤(1)
(安打) 加藤
(本塁打) 小林(ランニングHR!)

 予想された悪天候予報よりも早く雨が降り出して心配されましたが、M'sの人数が久しぶりに11名揃い、AHさんも15名も揃ってやるき満々。寒さを吹き飛ばす元気な試合開始でした。

 初回M'sの攻撃、AH投手の連続フォアボールから今回初めて下位打線に入れた加藤、小林の連続安打などであっさりと6点先取し楽勝の展開になりました。
 しかし初回のみ得点したものの、その後のAH投手の継投策にハマッて5フォアボール、5三振、5ボンゴロ、3小飛球と、得点ゼロとなりました。四死球で7対9と乱調なゲームなようで、あんがい締まったゲームだった気がします。
 #2のピッチングはだいぶ慣れてきて、変化球が決まりだしました。ただ、フォアボールから始まった4回、AHの各走者にかきまわされ、タイムリーに隠れたエラーも出て、5点の追加点を取られ逆転負けとなりました。

 安打数で2対6、試合を分けたのは投手の差ではなく、3度も抜けたと思われたヒット性の当たりを見事に捌いたAHさんの三遊間の鉄壁の守備、それからAHさんの各選手の足(盗塁数0対10)でしょう。
 特に捕手から投手に返球している一寸の隙をついた本塁へのディレイドスチール、1、3塁での2盗を捕手坂本さんが旨く2塁手樋田さんにショートカットできたのに本盗を決められたダブルスチール。
 2点差で負けた試合なのでこの2つの盗塁は印象的でした。AHさんの積極的な攻撃スタイルを称えたいと思います。

 今期、先制点を取った試合で、気を抜いた訳でもないのに逆転される展開が春秋の公式戦で見られ、もうトラウマになりそうです。忘年会でスカッと忘れましょう!

 今後のM'sとしての課題は、いかにして盗塁を阻止するかと、いかにして本塁でのフォースアウトをとるかでしょう。投手牽制とクイック投法の練習、内野手は普段のキャッチボール練習から素早いスローイングの練習をすることでしょう。あとは昨年からの課題だった、ランナーを置いたときの徹底的なコロガシ打法、マシーンを使ってこれ、練習しましょうね。
(主将)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 12月4日(日) けやき 練習試合

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://i-hrm.jp/mt/mt-tb.cgi/51

 [ sponsor link ]