東京都国分寺市の軟式野球(草野球)系チーム = マドワーズ = MADOWARS BASEBALL CLUB

2019

1
エムズ 7 7
HME 0 0


不戦勝

1 2 3 4 5 6
光洋電子工業 3 4 0 0 0 0 7
エムズ 1 0 0 0 0 3 4


(投手) 戸村→田村→内藤
(捕手) 内藤→田村

(盗塁) 内藤②、宮島
(安打) 内藤
(二塁打) 田村、宮島
(三塁打) 内藤

1 2 3 4 5
V-agent 3 0 1 0 3 7
エムズ 0 0 0 2 0 2


(投手) 内藤
(捕手) 宮島

(盗塁) 宮島、長日部
(安打) 藤野、今中②

1 2 3 4 5
かげろう 1 1 5 2 2 11
マドワーズ 0 1 0 0 0 1

※5回コールド負け

(投手) 内藤
(捕手) 宮島

(盗塁) 内藤、瀬戸
(安打) 田村、藤野

 河川敷のグラウンドが堅いため初回先頭打者のセカンドへのゴロ後逸で始まった。その時には気付かなかったが、内藤投手の速球に合わせ、ことごとく右方向へおっつけて強くミートできる巧打者揃いのチームだった。

 先頭打者をE、DB、Bと出塁を許しての守りだったため、なお国分寺代表を背負っての責任感や緊張感もあって、平静なリズムを保つのが難しかったように思える。ターニングポイントは3回1アウト1・2塁でPゴロ。これを楽に3塁へFOで決めておけば結果は違っていたかも?ただセオリーは1-6-3の併殺だ。しかし、普段鍛えていない若干の不安がよぎり連繋が狂う。続く満塁3ゴロも同じ。

 強敵に死闘の110球、一生懸命やった結果。外内野の頑張りも讃えたい!

 M's打者、相手方投手が球威無いものの、緩急を取り混ぜた配球にクリーンヒットできず。投げ急がずボールを散らす、直球フォームからの失速球に、バットは空を切り翻弄された。

 安打はイレギュラー気味の内野安打2個のみ。勝負は時の運だがミート力を高める必要がある。惜しかったのは加藤の2本の大飛球、広いグラウンドで抜けなかったが、ケヤキなら結果が違ったかも?
(#30)

1 2 3 4 5 6
バッカス 0 3 0 0 0 0 3
マドワーズ 0 0 0 1 0 2 3


(投手) 瀬戸→堀江→内藤
(捕手) 内藤→堀江 

(盗塁) 内藤、田村、則竹
(安打) 田村、瀬戸、須藤、今中
(二塁打) 内藤
(三塁打) 平山

 [ sponsor link ]